ここから本文です

【第9回AKB総選挙】総投票数が過去最多338万票に ハプニング続きも記録更新

6/17(土) 22:22配信

オリコン

■『第9回AKB48選抜総選挙』開票(6月17日、沖縄・豊見城市立中央公民館)
 ビーチ開催中止、無観客開票イベント、総選挙史上初の結婚発表など、ハプニング続きだった総選挙は、過去最多24万6376票を獲得した指原莉乃の前人未到の3連覇で幕を下ろした。総投票数は過去最多の338万2368票にのぼったこともあわせて発表された。

<写真&コメント一覧>49thシングル 選抜総選挙1位~80位

 年々主力メンバーの卒業や出馬辞退が相次ぎ、今回も昨年のTOP16のうち4位の山本彩(NMB48)、5位の柏木由紀(AKB48/NGT48)、9位の兒玉遥(HKT48)、10位の武藤十夢(AKB48)が辞退、8位の島崎遥香、16位の小嶋陽菜(にゃんにゃん仮面として立候補)が卒業し、約43万票が浮く計算だった。

 盛り上がりが危ぶまれたが、投票開始翌日の5月31日に発表された速報で、前回95位(圏外)の伏兵・荻野由佳(NGT48)が過去最多の5万5061票を獲得して1位に躍り出たことで他のメンバーのファンを刺激した部分もあるかもしれない。荻野は最終順位でも5位に踏みとどまったほか、16人中6人が総選挙初選抜入りを果たした。

 こうしたファンの後押しがあったにもかかわらず、荒天予報のため豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチでの開催が中止となり、対応が後手に回ったことを指原は危惧。3連覇を達成したスピーチで「天候のこととはいえ、6月に野外でという無茶があったと思います。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げ、「こうやって一つ一つの積み重ねで皆さんの気持ちが離れていくことがとっても怖いです。今のAKB、どんどん信頼を失っている気がしてみんなが離れていくのが本当に怖いです。皆さん、どうかこれからもメンバー・スタッフ一丸となって頑張りますのでAKB48を見捨てないでください」と切実に訴えた。

 なお、今年は姉妹グループのSTU48が初参戦し、過去最多322人が立候補した。

【総投票数の推移】
第1回(2009年)…未集計
第2回(2010年)…37万7786票
第3回(2011年)…116万6145票
第4回(2012年)…138万4122票
第5回(2013年)…264万6847票
第6回(2014年)…268万9427票
第7回(2015年)…328万7736票
第8回(2016年)…325万5400票
第9回(2017年)…338万2368票

最終更新:6/22(木) 17:25
オリコン