ここから本文です

冬ソナのユン・ソクホ監督が映画初メガホン ヒロイン・真田麻垂美の手紙に感激

6/17(土) 15:18配信

サンケイスポーツ

 大ヒット韓国ドラマ「冬のソナタ」で知られるユン・ソクホ監督(60)が17日、東京・新宿武蔵野館で行われた初監督映画「心に吹く風」の初日舞台あいさつに出席した。大人の男女の“不倫”と純愛を描いた切ないラブストーリー。今回が映画初メガホンとなったユン監督は「昨晩はあまり眠れませんでしたが、皆さんと初日を迎えられて感動しています」と満席の会場に安堵(あんど)の笑顔を浮かべた。

 同作のヒロイン役として16年ぶりに女優復帰した真田麻垂美(39)は、自身を抜擢したユン監督にサプライズで「心からありがとうございました」とつづった手紙を読み上げると、ユン監督は「偶然撮影できた映画です。この縁を大切に幸せをかみしめていきたい」と感激していた。

 ほかに主人公を演じた俳優、眞島秀和(40)、モデルの鈴木仁(17)、女優の駒井蓮(16)が出席した。