ここから本文です

女性議員が増えない理由は“セクハラ”?「いつ結婚するんだよ」「お酒の席に子どもを…」

6/17(土) 7:00配信

AbemaTIMES

 1946年に日本に初めて女性議員が誕生してから71年。未だに男女の議員数には差がある。日本の国政における女性議員の比率は、世界188カ国中、157位(列国議会同盟のデータに台湾を追加した数字/2016年1月時点データ)。なぜ女性政治家はなかなか増えないのだろうか?

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、「オンナの政治家はつらいよ」をテーマに当事者たちが赤裸々に語った。

 女性議員として働く中でセクハラにあったことはあるかと問われ、「いつ結婚するんだよって言われることがある」と話すのは、渋谷区議会議員の岡田マリさん。聞いている本人は自覚なくセクハラ発言をしてくる場合が多いという。

 これを受け、20代後半で議員になって以降、現在も独身だという千葉県議会議員の水野ゆうきさんは「結婚や出産をしていない女に何が分かるんだよって言われることはある」とコメント。「結婚と出産をして一人前だから、そしたらもっと大きな政治家になれるよって市民の方からも言われます」としたうえで、「もし私が子どもを産めない身体だったら失礼な話」と話した。

 番組MCを務めるSHELLYは「産まない選択や結婚をしないと決めている人もいっぱいいる」とコメント。女性の多様な生き方について、自分の思いを語った。

 一方で、結婚し子どももいる港区議会議員のやなざわ亜紀さんは、仕事で夜の会合が多いことについて触れた。「会合に参加したら参加したで『子どもはどうしているんだ、子どもにとってはお母さんが一番なんだぞ』って言われるし、行かなかったら『子どもがいるのを言い訳にしてこないよな』って言われる」と話し、女性議員でありながら母親でもあるゆえに受けた理不尽なエピソードを語った。

 議員は多いときで1カ月に60件以上におよぶ接待や会合があるという。やなざわさんは、実際に子どもを連れて行ったことがあるといい「それはそれで『お酒の席に子どもを連れてくるなんてどうなの』って女性の方に言われちゃうんですよね」と話し、子育てをしながら議員をする大変さを告白した。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

最終更新:6/17(土) 7:00
AbemaTIMES