ここから本文です

<イラク>「イスラム国」 IS支配下の2年半とは~モスル大学教員に聞く(5) 衛星テレビ視聴禁止布告~住民統制強まる(写真14枚)

6/17(土) 7:01配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

◆「ISに見つからぬよう密かに視聴を続けた」

武装組織「イスラム国」(IS)がイラク・モスルの統治を開始したのは2014年6月。当初、市民は携帯電話も使え、衛星テレビも視聴ができた。ところが社会統制は日を追うごとに厳しくなり、衛星テレビ視聴禁止と機材接収の布告まで出される。イラクやシリアでは一般放送といえば衛星受信を指すため、住民の目耳がふさがれることになった。IS統治下のモスルで、2年半にわたって暮らし続けたモスル大学教員、サアド・アル・ハヤート氏(47)が支配の実態を語る。連続インタビュー第5回目。(聞き手:玉本英子・アジアプレス)

【サアド氏】
私の勤め先のモスル大学の工学部が閉鎖され、職を失った私は家にこもって論文などを書いていました。年老いた母と叔母、私の兄弟2人と、妻と2人の娘の計8人で暮らしました。

兄もモスル大学で教員をしていました。のちに兄の学部も閉鎖されて、仕事がなくなってしまいました。しかし、1年間(2015年6月まで)は、IS支配下であっても、イラク中央政府が支給していた給料を、職場を通じて継続して受け取ることができました。本文:4,598文字 この記事の続きをお読みいただくには、アジアプレス・ネットワークの購入が必要です。

  • 通常価格:
    288円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    258円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)