ここから本文です

ハースF1に大満足のマグヌッセン「前にいたマクラーレンやルノーよりも、ドライバーにとって健全な環境にいる」

6/17(土) 8:31配信

motorsport.com 日本版

 ケビン・マグヌッセンにとって、ハースは4年間で3つ目のF1チームとなる。昨年はルノーで、その前はマクラーレンのレースドライバーとして1年、リザーブとして1年を過ごしている。

【写真】2014年、開幕戦オーストラリアGPでルーキーでいきなり2位表彰台を獲得したケビン・マグヌッセン(当時マクラーレン)

 マクラーレンとルノー、どちらの関係者もマグヌッセンの”働き方”に疑問を抱いていたようだが、彼は旧所属チームの人たちに、その点についてネガティブなフィードバックをされたことはないと主張した。

 ハースは、今季これまでの7戦で5ポイントを獲得したマグヌッセンのパフォーマンスに満足しているとみられており、マグヌッセン自身も快適に感じられるチームを見つけられたことを喜んでいるようだ。

「ハースは、ドライバーにとってはるかに健全な環境だ。少なくとも、僕の経験ではね。僕が前に所属していたところは、苦戦中のビッグチームだった」

「苦戦しているチームにいれば、ドライバーには大きなプレッシャーがかかる。マクラーレンというとても大きなチームでデビューした僕は、経験がとても少なかった上に、プレッシャーは計り知れないものだった」

「ここハースでのプレッシャーはかなり小さいと感じるし、僕は非常に高いモチベーションを持っている。つまり、はるかにハッピーな場所だということだ」

 マグヌッセンは以前の経験から、F1には他人を”非難する文化”があることをほのめかした。特に、F1での立場を確立しようと挑戦している若いドライバーにとってはそれが問題となる。

「ポールポジションや勝利を争っているような場合には、もっとプレッシャーがかかる方がいい」と彼は語った。

「F1では、誰かが非難されなければならないというプレッシャーがあり、ドライバーが容易にその批判にさらされる」

「時に僕たちが批判されるべき時もあるが、常にそうとは限らない。状況によっては、つらいことになるだろうね」

長期契約の利点

 マグヌッセンはハースと複数年契約を結んでおり、それが彼に進歩していくための確固たる基盤を与えたようだ。

「来年は”ドライバーに選ばれないのではないか”といった類のネガティブな話題について、話をしなくても良いというのは素晴らしいね」と、マグヌッセンは語った。マクラーレンやルノーに所属していた時、彼は複数年契約を結んでいなかったため、将来についての話題が多かったのだ。

「ポジティブな気持ちでサーキットに来て、レースに集中し、楽しむだけでいいなんて素晴らしい。僕は実際、来年を楽しみにすることができるし、その上でいくつかの目標を立てることができる。実力以上の成果をあげようと努力するのではなくてね」

「僕はレースに臨み、楽しみながらベストを尽くすことができる。僕はとても素晴らしい場所にいる」

Lawrence Barretto