ここから本文です

映画『メサイア外伝』、W主演務める玉城裕規&中村龍介のインタビュー映像が公開

6/17(土) 0:30配信

トレンドニュース(GYAO)

本日6月17日より映画『メサイア外伝-極夜-Polar Night-』が公開される。舞台、ドラマ、映画と数多くのメディアミックスがされてきた『メサイア・プロジェクト』だが、『メサイア外伝』でW主演の1人を務める玉城裕規は、「この作品が過去最高に面白い」と自負している。

【インタビュー映像1】玉城裕規&中村龍介が語る、映画「メサイア外伝-極夜 Polar night-」>>

■イケメンたちの熱い絆は見逃せない!

『メサイア』シリーズは、不安定な世界情勢の近未来を舞台にした物語。軍事化した日本の警察は、秘密任務のために機密学校“チャーチ”を設け、“サクラ”と呼ばれるスパイを養成している。“サクラ”たちには、「どんな事があっても互いを救う」という約束を交わした“メサイア”という存在が与えられる――。作品ごとに主演が変わり、たくさんの若手イケメン俳優たちが『メサイア』シリーズに出演してきた。

6月17日より公開される『メサイア外伝』は、三栖公俊(玉城裕規)と周康哉(中村龍介)を中心にしたストーリー。2015年に劇場公開された映画『メサイア -深紅ノ章-』からストーリーが引き継がれ、テロ行為に手を染めてきた2人が、理想の世界を追い求めて新たな組織の下で働くことを決意する。

■追い求めてきた答えが劇場版で明かされる?

映像配信サービス「GYAO!」では、『メサイア外伝』公開に当たり、主演2人のインタビュー映像を公開中。

三栖役の中村は、『メサイア』シリーズの魅力について、「役と共に役者も成長できる作品だと思います。作品ごとに主役がどんどん変わっていきますが、そこにもドラマがあります。僕らは妥協を一切せずに、役者や監督、脚本家さんたちみんなで一緒に戦い、みんなで笑って泣きながら作りあげています。この歳になっても、青春しているような作品です」とコメント。さらに、『メサイア外伝』について、「この作品が過去最高に面白いという自信を僕ら2人は持っています。シリーズ後半から、一緒に追い求めてきた『究極の平等』とは何なのかというのが、ついに明かされます」とアピールした。

周役の玉城は、「僕らは、普段も自然と三栖と周の関係のようになっています。役者自身が役に影響されたのか、役が役者自身に寄ってきたのかはわからないですけど、不思議ですね」と語っており、作品外のところでも、主演2人は劇中のような固い信頼関係を築いているようだ。

■舞台版でも華麗なアクションシーン

今年2月には、舞台『メサイア‐暁乃刻‐』も上演されたばかり。こちらでは、ミュージカル『テニスの王子様』芥川慈郎役などで知られる赤澤燈が、チャーチに所属するサクラ候補生・白崎護役で出演。白崎のメサイアが突然失踪し、窮地に陥る中、たった1人で卒業ミッションに挑む姿が描かれており、華麗なアクションシーンも見どころとなっていた。

新作が公開される度に、登場人物の過去も明かされて、世界観により深みが増していく『メサイア』シリーズ。作品の楽しみ方は、まだまだ大きく広がっていきそうだ。

(文/谷本美花@HEW)

Yahoo!ニュースからのお知らせ