ここから本文です

桶川市 「べに花まつり」(埼玉県)

6/17(土) 18:07配信

テレ玉

桶川市では、黄色や朱色の花を咲かせる「べに花」が見ごろを迎え、毎年恒例の「べに花まつり」とともに訪れた人たちを楽しませています。

桶川市ではふるさと創生事業の一環として「べに花の里・桶川市」のキャッチフレーズを掲げ街のシンボルとしています。「べに花」はむかし、染料や口紅として使われていて、桶川市の「べに花」は“桶川臙脂”の名で全国に知られるようになりました。

現在も川田谷地区を中心に市内に1万8,000平方メートルの「べに花」畑が広がり、市民からも愛されていて、17日もその可憐な姿を写真に収めるなどして楽しんでいました。また毎年恒例の「べに花まつり」も開かれていて、「べに花まんじゅう」や「べに花ジャム」といった名物が並んだほか、市のマスコットキャラクター「オケちゃん」も応援に駆けつけ、まつりを盛り上げていました。

「べに花まつり」は桶川市川田谷の農業センター周辺で18日も午後4時まで開催されています。

テレ玉

最終更新:6/17(土) 18:07
テレ玉