ここから本文です

ホークス・バンデン、丸に3連続被弾もダメージ最小限 交流戦全勝で7勝目

6/17(土) 10:00配信

西日本スポーツ

 ◆広島3‐5ソフトバンク(16日・マツダスタジアム)

 先発のバンデンハークが、丸に3発を浴びながらもチーム単独トップの今季7勝目を挙げた。味方に2点の先制点をもらった直後の初回から4、6回に3打席連続で被弾。「(丸は)いいバッター。強い、素晴らしい打球を打たれた。向こうがいい打者だった」。相手をたたえたが、いずれもソロでダメージを最小限に抑え、終わってみれば7回3失点の好投で白星を手にした。

【写真】ホークス森の死球で陽岱鋼が激高、両軍が一触即発に

 広島戦登板は来日初登板初先発初勝利をマークした2015年の交流戦以来で、マツダスタジアムのマウンドに登るのは来日後初めてだった。「ファンもすごかったしいい球場だった」。験のいい相手からの勝ち星で、今季交流戦は3戦3勝。「個人的な成績よりも(交流戦だけで)チームに三つ貯金ができたことがうれしい」。先発陣に故障者が相次いでいる中で、勝ち頭らしく頼もしく話した。

西日本スポーツ

最終更新:6/17(土) 10:00
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 14:35