ここから本文です

ロナウドはマンU復帰を望むはず! 元レアル会長「彼が中国や中東でプレイするわけがない」

6/17(土) 12:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「ファーガソンは父親のような存在」

かつてレアル・マドリードの会長を務めた経験もあるラモン・カルデロン氏が、同クラブでエースを張るクリスティアーノ・ロナウドのイングランド帰還を予測している。

2006年から2009年までの期間をレアルのトップとして過ごし、ファビオ・カペッロやベルント・シュスターの招聘、そしてウェズレイ・スナイデル、アリエン・ロッベン、ファン・デル・ファールトらを引き抜く功績を残していたカルデロン氏。多額の資金で追い続けたロナウド獲得計画は最後まで叶えることができなかった(本人は自身の手柄と主張)同氏だが、英紙『THE Sun』の取材で当時を次のように回想した。

「ロナウドとのサインを目指していた頃のことは今でも覚えているよ。彼は私に電話をくれて、『マンチェスター・ユナイテッドに所属する選手は誰でも皆幸せで、全員が僕に優しいんだ』と言ってたね。サー・アレックス・ファーガソンはロナウドの父親のような存在で、ロナウドはサポーターのことも愛していた。ユナイテッドは今もロナウドの心の中にあるのさ」

ここからはカルデロン氏によるロナウドの未来予測だ。

「私はクリスティアーノがヨーロッパには残ると確信している。中国や中東で彼がプレイするはずがない。今も状態はすごく良いし、体型も変わらないだろ。だから良いプレイを続けられるんだ。移籍するならポグバ以上の大金が発生するはずさ。なぜなら彼はポグバ以上の選手だからだ」

すでにレアルへ退団の意思を伝えたとされるロナウド。マンチェスター・ユナイテッドの他にもパリ・サンジェルマンや中国クラブの関心も噂されるが、果たして本当にポルトガルの英雄はマドリードを去るのか。夏にすべてが判明するだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合