ここから本文です

コンタ 単複で4強入り、大会初Vまであと2勝<女子テニス>

6/17(土) 13:30配信

tennis365.net

AEGON・オープン・ノッティンガム

女子テニスツアーのAEGON・オープン・ノッティンガム(イギリス/ノッティンガム、芝、WTAインターナショナル)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのJ・コンタ(英国)が世界ランク88位のA・バーティ(オーストラリア)を6-3, 7-5のストレートで下し、大会初優勝まであと2勝とした。

【錦織 ラケット破壊を語る】

この試合、世界ランク8位のコンタはファーストサービスを72パーセントの確率で入れてバーティに1度のブレークしか許さず、自身は4度のブレークに成功。1時間30分で勝利を手にした。

準決勝では、世界ランク117位のM・リバリコワ(スロバキア)と対戦する。

また、Y・ウィックマイヤー(ベルギー)とペアでダブルスにも出場しているコンタは、同日の準々決勝で第2シードのチャン・ハオチン(台湾)/ C・デラクア(オーストラリア)(オーストラリア)組を6-0, 7-6 (8-6)のストレートで下し、4強入りを果たした。

コンタとリバリコワの他に、第5シードのL・サファロバ(チェコ共和国)と世界ランク70位のD・ヴェキッチ(クロアチア)が準決勝へ駒を進めている。

日本勢は、大坂なおみと奈良くるみが出場していたが、大坂は初戦敗退、奈良は2回戦で敗れた。

tennis365.net

最終更新:6/17(土) 13:30
tennis365.net