ここから本文です

プイユら4強出揃う、ベルディヒは準々決勝敗退<男子テニス>

6/17(土) 16:16配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は16日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのL・プイユ(フランス)、第6シードのM・ズベレフ(ドイツ)らベスト4が出揃った。

【メルセデス対戦表】

この日行われた準々決勝では、第4シードのプイユがP・コールシュライバー(ドイツ)に6-4, 2-6, 6-3のフルセット、第6シードのズベレフがワイルドカードで出場のT・ハース(ドイツ)に6-4, 6-4のストレート、B・ペール(フランス)がJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)に6-1, 7-6 (7-4)のストレートで勝利した。

しかし、第3シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)は世界ランク33位のF・ロペス(スペイン)に逆転を許し、7-6 (7-4), 3-6, 4-6のフルセットで敗れた。

準決勝では、第6シードのズベレフとロペス、第4シードのプイユとペールが対戦する。

今大会は、第1シードのR・フェデラー(スイス)と第2シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)が初戦で姿を消す波乱に見舞われていた。

昨年のメルセデス・カップでは、D・ティーム(オーストリア)がコールシュライバーを逆転で下し、グラスコートで初優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:6/17(土) 16:16
tennis365.net