ここから本文です

大阪体育大学9選手が2回戦へ、チャレンジカップ関西大会1回戦が終了<男子テニス>

6/17(土) 16:46配信

tennis365.net

Road To Spain チャレンジカップ2017

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する「Road To Spain チャレンジカップ2017」関西大会の1回戦全試合が終了した。

【法政大1年 岡垣光祐が初優勝】

この日最後の1回戦となった第2シードの中西聖也(フリー)と竹田豪(大阪体育大学)の試合は、2015年大会準優勝の中西が8-3で勝利した。

初日の17日は1回戦から3回戦までが予定されており、現在2回戦が行われている。

1回戦の結果は以下の通り。

・大和田秀俊(中央大学)8-2 田口魁人(大阪体育大学)
・大場一樹(HOS小阪テニスクラブ)3-8 石川希望(神戸学院大学)
・石島結友(大阪体育大学)8-0 市川蔵(名古屋産業大学)
・染谷啓介(大阪体育大学)1-8 高木修(近畿大学)
・田中雄一朗(大阪体育大学)1-8 山崎星哉(大阪体育大学)
・衣笠 晃(大阪産業大学)8-3 長谷川凜(くにじま)
・古川元樹(大阪体育大学)8-3 伊吹 汰一(フリー)
・山本優太(大阪体育大学)0-8 大塚健太郎(神戸学院大学)
・松本樹(近畿大学)8-2 川田直弥(大阪体育大学)
・角谷岳志(大阪大学)1-8 鶴田貴士(神戸学院大学)
・新出海斗(大阪体育大学)4-8 井阪友哉(ルーセントテニスクラブ豊中 )
・常峰遊日(アオノテニスクラブ)1-8 市川凌輔(近畿大学)
・藤井遼太郎(近畿大学)8-3 三宅玄記(羽衣学園高等学校)
・上田雄太(大阪産業大学)8-3 徳野大幹(神戸学院大学)
・水口凌(近畿大学)8-1 吉田健朗(大阪体育大学)
・宮井優輔(大阪体育大学)3-8 安藤新(大阪体育大学)
・豊嶋一樹(近畿大学)9-7 野口雄太郎(大阪体育大学)
・植田元樹(関西大学)0-0 W.O.中川敬祐(大阪体育大学)
・竹浪佳輝(神戸学院大学)8-0 河瀬侑大(大阪大学)
・溝辺慶師(神村学園)4-8 仁坂拓未(大阪体育大学)
・木俣健(筑波大学)3-8 市川和樹(京都外大西高校)
・高瀬諒平(長尾高校)3-8 柿本陽輝(大阪体育大学)
・村田怜音(神戸学院大学)6-8 小山拓人(近畿大学)
・松岡幸秀(大阪体育大学)4-8 酒井来征(TEAM KOMADA)
・矢ノ川歩(近畿大学)6-8 辛島樹生(大阪体育大学)
・鈴木公瑛(京都教育大学)4-8 浦嶋大和(神戸学院大学)
・小林泰晴(大阪体育大学)8-2 高尾尚樹(甲南高校)
・政岡壮太(名古屋大学)3-8 有本誠恒(神戸学院大学)
・青田大輔(近畿大学附属高等学校)8-1 森本達大(奈良女子大学附属中等教育学校)
・大谷宗平(神村学園神戸)8-5 山村大智(大阪体育大学)
・岡田聖(神戸学院大学)8-6 西村 厚祐(フリー)
・竹田豪(大阪体育大学)3-8 中西聖也(フリー)

今年で4回目を迎えるこの大会は高校生・大学生の年代を対象に、国際大会出場のチャンスと海外経験のチャンスを提供することを目的として、関東大会と関西大会をそれぞれ開催。

各大会の優勝者には、ITFフューチャーズのサバデルオープン(スペイン/サバデル、クレー、賞金総額1万ドル)の本戦ワイルドカード、海外(スペイン)遠征の権利が与えられる。

同大会の参加者には参加賞としてスポーツ飲料・サプリメントを展開する「ピンクイオン」のペットボトルが提供され、優勝者には漫画「ベイビーステップ」の主人公エーちゃんが契約しているサプリメントブランド「HALEO」からハイブリッド・プロテインドリンク「ブルードラゴン」と、「エレッセ」からはテニスウエア一式が進呈される。

tennis365.net

最終更新:6/17(土) 16:46
tennis365.net