ここから本文です

エリザベス女王が愛し続ける、溺愛ケーキのレシピを公開!

6/17(土) 22:50配信

ELLE ONLINE

ロイヤルシェフが明かした、そのレシピを公開

イギリス女王、エリザベス2世が旅行中にまで召し上がっているという、ある大好物がある。女王のもとで専属シェフとして15年間勤務したダレン・マグレディ氏によると、エリザベス女王の好物はスイーツで、なかでも「チョコレートビスケットケーキ」が大のお気に入りなのだそう!

お抱えシェフのマグレディ氏によると、女王がウィンザー城を訪れる際には、移動の電車の車内にケーキ専門のシェフを同乗させ、食後のデザートを楽しんでいたとか。

「女王様は旅行中、お好きなケーキを毎日1ピースずつカットして、最後の一切れまで大事に召し上がっていらっしゃいました」と、レシピサイト『RecipesPlus』でも語っている。ありがたいことに、女王はこのケーキを独り占めにはしていない。マグレディ氏のウェブサイト『Royal Chef』で公開された、エリザベス女王のお気に入りの「チョコレートビスケットケーキ」を家庭用にアレンジしたレシピがあるのだ。次ページでさっそくチェックしてみよう。

「チョコレートビスケットケーキ」のレシピ

〈材料〉
ダークチョコレート 113g
グラニュー糖 113g
無塩バター 113g
全卵 1個
市販のプレーンビスケット 1パック(227g)
バター 小さじ1/2(型用)
ダークチョコレート 227g(コーティング用)
チョコレート 28g(デコレーション用)

〈作り方〉
1. 直径約15cm×高さ約6.35cmのケーキ型の内側に薄くバターを塗り、オーブンシートを敷く。
2. ビスケットをアーモンドくらいの大きさに砕く。
3. ボウルに無塩バターとグラニュー糖を入れ、なめらかなクリーム状になるまで混ぜる。
4. 湯せんまたは電子レンジでダークチョコレートを溶かし、3のボウルに加えて混ぜる。
5. そこに溶いた卵を加え、よく混ぜる。
6. 2のビスケットを5に加えて混ぜる。チョコレートクリームがビスケットにまんべんなく絡むように混ぜること。
7. できた生地を1の型に流し入れる。
8. 冷蔵庫に3時間以上入れて冷やし固める。
9. 8を型から出し、溶かしたコーティング用のダークチョコレートを上から流し掛け、ナイフを使って上部と側面にもチョコレートを塗る。
10. そのまま室温に置いて、表面のチョコレートを固める。
11. デコレーション用のチョコレートを溶かしてコルネなどに入れ、ケーキの表面に好きな模様を絞る。

ちなみにこのケーキ、ウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングケーキにも採用されたそう。イギリス王室のレシピに興味がある人は、マグレディ氏のウェブサイトや彼の著書「Eating Royally(原題)」もチェックしてみて。

最終更新:6/17(土) 22:50
ELLE ONLINE