ここから本文です

仙台地裁で被告が警察官2人を切り付け 専門家「地方ではボディーチェックやっていない」

6/17(土) 17:04配信

AbemaTIMES

 迷惑行為防止条例違反、盗撮の罪に問われていた淀川聖司被告(30)が仙台地方裁判所での判決言い渡し中に、傍聴席にいた警察官2人を刃物で切り付けた。

 切りつけられた2人は病院に搬送されたが意識はあり、命に別状はない。保釈中だった被告はその場で取り押さえられると逮捕された。仙台地裁では金属探知機などによる持ち物検査はしていなかった。

 弁護士の大澤孝征氏によると、東京地裁では金属探知機などでボディーチェックをしているが、地方では人員と予算の関係でやっていないケースがほとんどだという。大澤氏は「今回の事件を受けて、地方でも厳重化されていくだろう」と語った。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/17(土) 17:04
AbemaTIMES