ここから本文です

豊洲市場移転問題 自民党・下村東京都連会長「大変な税金の無駄遣い」

6/17(土) 17:11配信

AbemaTIMES

 自民党東京都連の幹部らが豊洲市場を視察。移転問題について結論を先送りにしていると小池都知事を批判した。自民党・下村東京都連会長は「6000億円かけて立派な豊洲市場ができていて、判断しないということは大変な税金の無駄遣い」と話した。

  また「去年11月に開場する予定だった」と判断の遅さを指摘。さらに豊洲へ移転後、築地の跡地を活用する案についても「築地と豊洲の両方を見て、結果的に判断していないのと同じだ」と批判した。築地市場の移転について、小池都知事は来週にも判断するとみられている。

 築地市場を移転する理由としては、開場から80年以上経過したことで施設が老朽化。そして大型トラックでの搬入搬出スペースが不足していることや、荷捌きスペースも不測している。加えて商品の品質や鮮度保持の徹底が困難であることなどが理由とされている。

 市場移転をめぐっては「移転案」と「改修案」があるが「移転案」は築地を売却せずに跡地を利用し、その賃料で黒字化を目指すというもの。「改修案」ではツインタワーの建設も検討されており、改修後は衛生面の問題も解決するとされている。

(AbemaTV/原宿アベニューより)

最終更新:6/17(土) 17:11
AbemaTIMES