ここから本文です

タカタ、「あらゆる選択肢」を検討

6/17(土) 14:54配信

ホウドウキョク

「あらゆる選択肢」が検討されているという。
エアバッグの欠陥問題を抱え、民事再生法の適用申請を検討している自動車部品メーカーのタカタは、「法的手続き申し立てに関して、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。
再建計画の策定を依頼した外部の専門家委員会は、スポンサー候補として、アメリカのキー・セイフティー・システムズ社を推薦しているという。
タカタは「私的整理に限定することなく、あらゆる選択肢が検討されている。委員会の提案をふまえ、速やかに再建策を決定する」としている。

最終更新:6/17(土) 14:54
ホウドウキョク