ここから本文です

イージス艦の状況は?

6/17(土) 17:10配信

ホウドウキョク

静岡県の石廊崎(いろうざき)沖で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、イージス駆逐艦の乗組員7人が行方不明となっている。
大島の北西、およそ10kmの海域。
衝突事故を起こした、アメリカ海軍横須賀基地所属のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の姿を確認した。
右舷の艦橋付近に大きな損傷が見られる。
浸水しているということで、かなりの勢いで排水作業をしているものの、船体が少し傾いているように見え、タグボートが脇を支えている。
この「フィッツジェラルド」は、弾道ミサイル防衛を任務とするイージス駆逐艦だが、損傷部分は、弾道ミサイル防衛の中核である、スパイ1レーダーのすぐ近くで、損傷は艦橋の奥の方まで達している。
今回の事故は、アメリカ海軍のみならず、北朝鮮のミサイル発射の警戒を続けている日本にとっても、深刻な問題となるとみられる。

最終更新:6/17(土) 17:10
ホウドウキョク