ここから本文です

大阪で編集者トーク「いい店って何?」

6/17(土) 17:00配信

Lmaga.jp

雑誌『dancyu』、『Meets Regional』の各編集長と、食と酒にまつわる「人」をテーマとしたノンフィクションライターが、「スタンダードブックストア 心斎橋」(大阪市中央区)で6月22日、トークイベントをおこなう。

【写真】左から出演者の江部拓弥、竹村匡己、井川直子

「食こそエンタテインメント」とうたう雑誌『dancyu』、関西の街で遊び、暮らす人のための大人の雑誌『Meets Regional』、そして昭和の時代をつくってきた人々とそれを継ぐ人たちの技や心を綴ったノンフィクション『昭和の店に惹かれる理由』。これらの刊行記念として、「雑誌ってなんだ? いい店ってなんだ? 酒場ってなんだ?」をdancyu編集長の江部拓弥、Meets Regional編集長の竹村匡己、ライターの井川直子が腰をすえてがっつりトークする。

江部氏は2013年より編集長として、数々の名企画を生みだし、名店を発掘。井川氏は、店とじっくり向き合い20年以上も東京の街を取材してきた。そして、関西に根付いた雑誌の編集長、竹村。この3人が、編集すること、いい店とは何か? はたまた今の時代の食と雑誌についてなどを放談する。「脈略のなさそうな3人ですが、実はそれなりに昔からの知り合い。木曜の夜、飲みながらウラ話を開陳します。仕事の終わりに1杯、ぜひ我々とおつきあいを」と竹村。予約は公式サイトから。料金1000円(1ドリンク付)。

最終更新:6/17(土) 17:00
Lmaga.jp