ここから本文です

『リバース』“その後”を描いた最終回に反響 “成瀬くん”の細やかな演出にファン歓喜

6/17(土) 11:00配信

クランクイン!

 湊かなえ原作の連続ドラマ『リバース』(TBS系)が16日、最終回を迎えた。ドラマでは、原作小説のその後を描いており、オリジナルのエンディングが追加されたこの回の放送には、様々な反響の声が寄せられている。

【関連】『リバース』に出演した成瀬役の窪田正孝&彩花役の杉咲花


 本作は、大学時代の親友・広沢由樹(小池徹平)の死を巡り、主人公・深瀬和久(藤原竜也)やその周囲の人々を取り巻く不可解な出来事を描いたヒューマンミステリー。

 最終回では、深瀬と大学の仲間である浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)、村井(三浦貴大)、そして美穂子(戸田恵梨香)と共に、10年前に起きた広沢の死と向き合い、隠された罪と真相が明かされ、それぞれが新たな道を歩き出す姿が描かれた。

 放送後、SNS上では「ある意味救われた」「リバース最終回半分くらい泣いてた…」「希望が持てる最終回でホッとした」「ラストがこの終わり方で本当に良かった」と、エンディングに満足したという声が多く寄せられ、さらに「リバロス半端ないです」とのコメントもあがった。

 また最終回には、過去に放送された湊かなえ原作ドラマ『Nのために』から成瀬役の窪田正孝と『夜行観覧車』から彩花役の杉咲花が出演。深瀬は、コーヒーショップを訪れ、店員として働く彩花と出会う。

 一方、成瀬は美穂子が務めるパン屋の客として訪れる。その際、注文したパンの伝票に「Auberge NOTRE 成瀬様」との書かれており、『Nのために』で成瀬がオープンしたレストランと同じ名前が記載されていることに気づいたファンは「は!!!!店の名前…(号泣)成瀬くん、頑張ってるんだね」「やっぱり成瀬くんはあの時に出したお店 ずっと続けていたんだね」など、その細やかな演出に歓喜の声があがった。

 これらの演出に、「最後に窪田正孝と杉咲花って湊かなえワールド全開なサプライズやな」「30秒も出てないのに、完全に『成瀬くん』として生きてる窪田くんみて、やっぱりスゴイ俳優さんだぁと感じた」「杉咲花ちゃんが出てからの間がいいね。気持ちを高ぶらせてMAXなところで成瀬くんの名前とか」と二人の出演を喜ぶ声が多く寄せられた。

最終更新:6/17(土) 11:00
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ