ここから本文です

レッドブルF1代表「フォース・インディアのカナダでの強さはコース特性との相性によるもの」

6/17(土) 8:00配信

オートスポーツweb

 レッドブルF1チーム代表のクリスチャン・ホーナーは、フォース・インディアがカナダGPでもたらした脅威は、彼らとレッドブルが直接のライバルだからというよりは、「コースの特性によるもの」だと考えている。

コース特性との相性で今後2レースの苦戦が予想されるレッドブル

 先週末のカナダGPで、フォース・インディアのセルジオ・ペレスとエステバン・オコンは表彰台獲得を目指し、3番手を走行していたレッドブルのダニエル・リカルドを追いかけていた。

 ふたりはリカルドを追い抜くことはできず、フェラーリのセバスチャン・ベッテルに追い抜かれて5位、6位でフィニッシュとなった。

 この結果によりフォース・インディアの合計ポイントは71となり、コンストラクターズ選手権4位の座を強固なものにした。しかしホーナーは、彼らがリカルドに挑戦できたのは、カナダGPのコースがメルセデス製パワーユニットを積むフォース・インディアのマシンと相性がよかったためだと考えている。

「それはコース特性によるものだと考えている」とホーナーはフォース・インディアによる脅威について述べた。

「これ以降の2戦(アゼルバイジャンGPとオーストリアGP)では、ウイリアムズとフォース・インディアが競い合うと確信している」

「フォース・インディアは(カナダGPでは)フェラーリと同等の強さで、非常に競争力があった」

「カナダGPのようなコースでは、パワーユニットの影響が大きく出るので、(レッドブルの)パフォーマンスが少し弱まることがある」


 ホーナーはアゼルバイジャンGPとオーストリアGPが厳しいものになると認めている。ミディアムからローダウンフォースの特質のあるコースでは、レッドブルのシャシーとルノーのパワーユニットの強みをうまく活かせないからだ。

 しかしホーナーは、チームがカナダGPで強力な走りをし、リカルドが3戦連続で表彰台を獲得したことから自信を得ている。

 マックス・フェルスタッペンは5番手から素晴らしいスタートを切って2位に浮上、バッテリーの不具合でリタイアする直前まで首位を目指してルイス・ハミルトンに挑んでいた。

「次からの2戦は我々にとって厳しい戦いになる」とホーナーは付け加えた。

「だが、すばらしいパフォーマンスをもたらすマシンを作り出したことに満足している」

「我々のマシンのパフォーマンスは間違いなく良好だ」

「マックスはリタイアするまでは2番手で競争力のある走りをしていた」

「予選でも分かるように、Q3でエンジンの重要度が増す前の、とくにQ1とQ2で上位に接近している」
    
「あのコースではチームの弱点が露呈されると分かっていたが、それでもまた表彰台を獲得して終えることができたんだ」    

[オートスポーツweb ]