ここから本文です

白浜町の三段壁、国名勝へ

6/17(土) 17:00配信

紀伊民報

 国の文化審議会(馬渕明子会長)は16日、和歌山県白浜町の三段壁を名勝「円月島(高嶋)及び千畳敷」に追加指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。

 三段壁は高さ平均40~50メートルで、幅は約1キロ。田辺層群白浜累層(新生代新第三紀の砂岩)で構成されている。約1600万年前に海底に堆積した砂岩の地層が隆起した後、風化侵食で形成されたと考えられているという。

 江戸時代の画家、祇園南海や桑山玉洲らの紀行図にも描かれてきた。昭和期以降はバスツアーなどの観光旅行の主要な目的の一つとして、南紀白浜の観光発展に大きな役割を果たした。

 県内の国指定名勝は10件ある。今回は追加指定のため、件数に変更はない。

最終更新:6/17(土) 17:00
紀伊民報