ここから本文です

首位福岡が今季初の逆転勝ち!名古屋は厳しい退場判定から一気に崩れ悪夢の3連敗

6/17(土) 16:00配信

ゲキサカ

[6.17 J2第19節 福岡3-1名古屋 レベスタ]

 アビスパ福岡がホームで名古屋グランパスに3-1で逆転勝ちした。首位の福岡は2戦ぶりの勝利で勝ち点を37に伸ばした。名古屋は3連敗となった。

 主導権を握ったのは名古屋だった。前半14分には左サイドでDF青木亮太から出たパスをエリア内に走り込んで受けたFW杉森考起が巧みなコントロールからグラウンダーのクロスを入れる。そしてFWシモビッチが反転してDF冨安健洋を外して、右足で流し込んだ。名古屋は同36分にも相手のパスをカットした杉森がGKをかわしてシュートを放つ。枠内に飛ばすことが出来ず追加点は奪えなかったが、名古屋ペースで前半を終えた。

 しかし後半14分、流れがガラリと変わる出来事が起きる。MF押谷祐樹ががFWウィリアン・ポッピからボールを奪おうとスライディングを試みる。そしてファウルの笛。家本政明主審はレッドカードを掲示した。やや厳しいとみられる判定に名古屋の選手たちも抗議したが、判定が変わることはなかった。

 ここから福岡が一方的に攻め続けることになる。まずは後半26分、後半だけで4本目となったCKからFW石津大介が頭で合わせて同点。そして同38分にはDF亀川諒史の縦パスからMF城後寿が決めて逆転に成功。同アディショナルタイムには石津がこの日2点目を豪快に突き刺してダメを押した。福岡が今季初の逆転勝ちで、首位で迎えた上位対決を制した。

最終更新:6/17(土) 17:04
ゲキサカ