ここから本文です

1対2の状況でも突破!突破!全国初出場決めた東海大相模の強力左SB山口竜弥

6/17(土) 22:17配信

ゲキサカ

[6.17全国高校総体神奈川県予選準決勝 湘南工科大附高 1-5 東海大相模高 ギオンス]

 東海大相模高が初の全国出場を決めた準決勝。5ゴールに絡むことは無かったが、異質の輝きを放っている選手がいた。左SBの山口竜弥(3年)だ。

「アップでだいたい自分の調子みたいなのを図るんですけど、それは微妙かなと思っていた」と苦笑い。立ち上がりはボールタッチをミスするようなシーンもあった。だが、前半半ばに個で中央突破したプレーから明らかに乗った背番号5。1対2の状況でもグイグイと前進するSBを湘南工科大附高のDFは止めることができない。

「応援とかで高ぶってしまって、そのまま身を任せていたら乗っちゃっていた」という山口。縦への突破から決定的なクロスを味方に合わせ、1人で持ち込んで豪快なシュートも放った。自分自身の特長について「1対1の守備と攻撃と、あとは油断しないところ」というDFは守備面では冷静なカバーリングが印象的だったが、ボールを持てば何かしそうな雰囲気を常に漂わせていた。

 1対2の状況でも突破できる選手になることにこだわっている。「1対2が全然まで抜けなくて、みんなに『それはまだやめとけ』と言われるんですけど、1対2も抜いていかないといけないのでこれからは。だから、みんなには申し訳ないという気持ちを背負いながら仕掛けていっています」。独特の表現で、目標を口にしていた。

 同時に、対面する相手の右SHの選手には絶対に仕事をさせないと決めている。「右ハーフは絶対に潰さないといけない。逆に右ハーフが自分に抜かれたらメンタル的に来ると思うので、右ハーフを交代させてやろうと思ってやっています」。マッチアップで相手の右SHの選手を圧倒すること。そして、そこから相手チームを切り崩すことも東海大相模の強力SBは目指している。

 全国大会で対戦したい相手がいる。大豆戸FCジュニアユース時代のチームメートである青森山田高の蓑田広大や額川賢哉だ。特に蓑田はフィジカルの強さを武器に、青森山田の最終ラインで存在感放つCBに成長。「当時はあっちの方が強かったと思います。1回やってみたいです」という旧友、そして選手権王者・青森山田に挑戦して、上回って、全国でインパクトを残す。

最終更新:6/17(土) 22:17
ゲキサカ