ここから本文です

ヤクルト荒木代打V3ラン!杉村コーチ「神ってる」

6/17(土) 7:53配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:ヤクルト8-5日本ハム>◇16日◇神宮

 ヤクルト荒木がまたも決勝アーチを描いた。雄平の2点中前打で同点に追いついた8回、なおも2死一、三塁だった。次打者はこの日35歳を迎えたバースデー男・大松…に代わって代打荒木。「大松さんの代打だったんでプレッシャーで。自分で決める思いでした」。ファウルでバットを折りながらも粘った8球目。「巨人時代に対戦したイメージがあった」という日本ハム公文の内角直球を左翼スタンドに放り込んだ。

【写真】ヤクルト由規が今季初勝利

 プロ8年目、どうやら時代がキテいる。今年は5月14日の中日戦でも9回、サヨナラグランドスラムを愛媛・松山の空に打ち上げた。杉村チーフ打撃コーチは「今日の本塁打はあの時の球に似ている。今年、アイツは神ってるよね」と絶賛した。

 けが人続出の打線において“名脇役”の活躍はチームを乗せる。「考えすぎず、シンプルに来た球を打つだけです」。今季3度目の3連勝をもたらしたのは、一本気な打ち気だった。【鎌田良美】

最終更新:6/17(土) 8:56
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ