ここから本文です

中日木下拓が先制犠飛「打ちにいくゾーンを上げた」

6/17(土) 15:39配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:中日4-1西武>◇17日◇ナゴヤドーム

 中日が相手のアクシデントを先制攻撃につなげた。西武の先発佐野が初回に負傷降板。緊急リリーフしたガルセスに対し、2回1死二、三塁から木下拓の右犠飛で1点先制。さらに打者バルデスのときに暴投(振り逃げ)で2点目もゲットした。

【写真】1回裏、アクシデントが発生、そのまま交代した西武先発の佐野

 木下拓は「初球に低めの球を振ってしまったので(打ちにいく)ゾーンを上げて、外野フライでいいという気持ちで臨みました」と話した。

 4回にも幸運な形で加点した。1死一塁から堂上の平凡な飛球が二塁と右翼の連係ミスで安打になり、一、二塁。続く木下拓の打球は一塁ベースに当たり一塁メヒアの頭上を越える二塁打に。これで1点が入った。

最終更新:6/17(土) 17:50
日刊スポーツ