ここから本文です

緒方監督、最高勝率王手「何とかいい形で」一問一答

6/17(土) 19:06配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:広島3-2ソフトバンク>◇17日◇マツダスタジアム

 広島が8回の丸の決勝弾で勝った。9回は守護神今村がピンチを招くも、最後は安部、エルドレッドの好捕で逃げ切った。試合後の広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り

【写真】勝ち越しソロ本塁打を放ちベンチ前でナインの出迎えを受ける丸佳浩

 -しびれる展開

 緒方監督 カントリー(エルドレッド)がよくキャッチしてくれた。安部も難しいバウンドをとって、悪い体勢からのスローだったけど、カントリーがよくとってくれた。

 -丸が決勝弾

 緒方監督 丸ももちろん決勝の本塁打をあそこで打ってくれて、今日の勝利に大きく貢献してくれた1人だけど、カントリーも同点打と最後にしっかり守ってくれた。この2人が貢献してくれたね。

 -中継ぎもギリギリで粘った

 緒方監督 まあ連投が続いてなかでね。ザキ(中崎)なんかは3連投か。そのなかでも何とか粘り強く、しっかり抑えてくれた。

 -野村は

 緒方監督 祐輔も初回に本塁打を浴びて失点して、途中ちょっと危ないかなと思っていたけどしっかり修正してくれて7回まで投げてくれた。ナイスピッチングです。

 -交流戦残り1試合

 緒方監督 選手もギリギリの状態でやっている。明日の試合なんとかケガなくやってもらいたい、というのがベンチの思いです。交流戦最後1試合、なんとかいい形で締めくくりたい。

 -勝てば最高勝率

 緒方監督 そこを目指してやってないからね。選手は1つのモチベーションとしてやってると思うけどね。ただペナントを戦っているので。1試合1試合をしっかり戦っていくということです。

最終更新:6/17(土) 20:20
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 6:30