ここから本文です

英国がEU離脱交渉で譲歩、当初は離脱時の条件に集中-関係者

6/17(土) 2:31配信

Bloomberg

メイ首相率いる英政府は欧州連合(EU)離脱交渉で、まず離脱時の条件に焦点を絞るというEUの要求を受け入れ、将来の通商関係について並行協議を目指す従来の方針を断念した。交渉準備に詳しいEU当局者2人が明らかにした。

19日の交渉開始を控え、この譲歩は今後の協議を方向づけそうだ。EU離脱を選択した国民投票からほぼ1年を経て、英国は離脱交渉に臨む姿勢を軟化させる兆しを見せている。

ハモンド財務相は16日、ルクセンブルクで記者団に対し「交渉開始時点の大まかな原則を設定し、誠意を持って交渉する。これは交渉であり、意見の交換があることを認識している。誠実な協力の精神にのっとり前進させる」と語った。

交渉の初期段階では在留市民の権利や英国が負担する拠出金、北アイルランドとアイルランド共和国の国境問題に集中するべきだと一貫して主張してきたEUは、これらについて「十分な進展」があった場合のみ、メイ首相の望む将来の通商関係に議論を進めることを容認する立場だ。ただ、これには残りEU27カ国のすべてから合意を得る必要があり、早くても10月以降になるだろうと複数の関係者は述べている。

EU側の交渉責任者ミシェル・バルニエ氏と英国のデービスEU離脱担当相は19日、ブリュッセルで午前11時に正式な交渉を開始する。20日も両者の関係部局幹部が加わって交渉が続き、その翌日にはEUサミット出席のためメイ首相もブリュッセル入りする。

原題:U.K. Said to Accede to EU Demand Brexit Talks Focus on Split (3)(抜粋)

Ian Wishart

最終更新:6/17(土) 2:31
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ