ここから本文です

【ルマン24時間】スタート6時間経過…小林可夢偉が後続を圧倒! 7号車トヨタがトップを死守

6/18(日) 4:44配信

レスポンス

2017年のルマン24時間レースの決勝は、スタートから6時間が経過。No.7トヨタ「TS050ハイブリッド」が順調にトップを走行。一方のポルシェ勢にはトラブルが発生している。

[関連写真]

スタート直後からマイク・コンウェイが乗る7号車のトヨタと、セバスチャン・ブエミが駆る8号車のトヨタがワンツー体制を築き、レースをリード。その後方にポルシェの2台が僅差で追いかけていく展開となった。

序盤は様子見ということもあってか、こう着状態となったが、スタートから2時間20分を経過したところで7号車に乗り込んだ小林可夢偉が、後続を圧倒する素晴らしい走りを披露。3分19~20秒台のペースを維持し、当初は4秒あった8号車との差を最大で50秒にまで広げた。

8号車はアンソニー・デビッドソンが同じ時間帯を担当するが、なかなかペースが上がらずNo.1ポルシェ「919 ハイブリッド」の先行を許してしまう。この流れでトヨタ勢の牙城を崩したいポルシェ勢だったが、スタートから3時間30分を経過したところで2号車ポルシェが白煙を上げスローダウン。なんとかピットまで戻ってくるが、そのままガレージにマシンが入れられ、約1時間に及ぶ大規模な修復作業が行われた。

マシンの修復を終えて、すでにコース復帰を果たしている2号車だが、トップから19周遅れとなってしまい、優勝争いから大きく後退する状態となっている。

実質的な優勝争いは1号車のみとなってしまったが、苦しいながらもトヨタに食らいつき、スタートから4時間40分を経過したところでアンドレ・ロッテラーが乗車。その差を詰めにかかっている。また3番手につける2号車トヨタには中嶋一貴が乗り込み、同様にトップの7号車トヨタ(ステファン・サラザン)を追いかけている。

一方、1周目からフロントカウルを破損するアクシデントに見舞われた9号車トヨタ。スタートから4時間30分のところで、国本雄資が乗り込むが、助手席側のドアが開くトラブルに見舞われ、緊急ピットイン。トップから1週遅れとなっている。

また平川亮が乗るNo.22G-DRIVE Racingはスタート直後にオルタネーターのトラブルに見舞われ大きく後退。修復を終え、現在も周回を重ねているがクラス13位を走行中。

LMGTE-Amクラスでは澤圭太が乗る61号車クリアウォーター・レーシングのフェラーリ『488 GTE』は、開始5時間15分を過ぎたところでタイヤがパンク。ピットまで戻るが修復作業を余儀なくされ大きく後退。加藤寛規が乗る60号車はクラス14番手につけている。

6時間経過時点:順位
1.No.7トヨタ(96周)
2.No.1ポルシェ(+25.8秒)
3.No.8トヨタ(+31.0秒)
4.No.9トヨタ(+1周)
5.No.2ポルシェ(+19周)

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:6/18(日) 15:15
レスポンス