ここから本文です

香川&長谷部、豪州戦OK!西野朗技術委員長「まだ2カ月もある。十分ある」

6/18(日) 7:00配信

サンケイスポーツ

 6大会連続のW杯出場がかかる8月31日のロシア大会アジア最終予選・豪州戦(埼玉)に、負傷で離脱中のMF香川真司(28)=ドルトムント=とMF長谷部誠(33)=フランクフルト=が復帰する見通しであることが17日、分かった。

 「まだ2カ月もある。しっかりリハビリを積めば(復帰は)十分ある」

 コンフェデレーションズ杯(ロシア)の視察に向かう成田空港で、日本協会の西野朗技術委員長(62)が明かした。

 香川は7日のシリア戦で左肩を痛め、「左肩関節前方脱臼」と診断された。全治は未発表だが、同委員長は「手術はしないで済んだ」と離脱は長期に及ばない見通しという。3月に右ひざ軟骨損傷の手術を受けた長谷部は8月18日のブンデスリーガ開幕に照準を合わせ、順調に回復。18日に日本代表の早川直樹コーチと国内で個別トレーニングを開始する予定だ。

 13日のイラク戦は香川と長谷部を欠いた上、MF山口蛍(C大阪)とMF今野泰幸(G大阪)が不調でベンチスタート。W杯出場の可能性が消えていた相手に、よもやのドローを喫した。豪州にはW杯予選で過去7度対戦し、未勝利。主力の2人が戻れば鬼に金棒だ。