ここから本文です

家具の使い心地を確認 静岡「メッセ」一般公開

6/18(日) 7:45配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県内外の家具の見本市「シズオカKAGUメッセ2017」(県家具工業組合主催)の一般公開が17日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡で始まった。多くの来場者が多彩な家具の魅力に触れた。18日まで。

 県内外53のメーカーや団体がブースを設け、自慢の製品をPRした。来場者はたんすの引き出しを開けたり、椅子に腰掛けたりして感触を確かめた。吉田町から夫婦で訪れた会社員滝井仁之さん(42)は「木の素材が好きなので、長く使える木工家具を見に来た」と話し、立ち寄ったブースでテーブルや椅子などを熱心に見入った。

 合同開催している「駿河の家具・インテリア展」(駿河家具生産団体研究会主催)では、静岡市内のメーカーなど約20社が、たんすや仏壇、ステンドグラスなどを出展した。かんなを使って木材を削る実演コーナーも注目を集めた。

 両イベントとも、午前10時から午後5時まで。

静岡新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ