ここから本文です

【速報】松山英樹は前半2つ伸ばす 首位と1打差で後半へ

6/18(日) 5:36配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 3日目(17日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7845yd(パー72)

【画像】グリーン上で迷える松山英樹 助言を送ったのは・・・

首位を2打差で追う松山英樹は、最終組から5組前の午後0時28分(日本時間18日午前2時28分)にスタート。前半アウトを2バーディ、ノーボギーで終え、通算7アンダーは首位と1打差で後半へ折り返した。

松山は最初の1番(パー5)でピンチを迎えるが、4mのパーパットを沈めてボギーを回避。続く2番では、2打目のアプローチをピンに絡めてバーディを先行させた。以降は3m前後のチャンスを逃すなどパーが並べたが、8番では右ラフから約200ydを、ピン手前80cmに絡めて2つ目。大混戦の首位争いにとどまり続けている。

通算8アンダーの首位には、ホールアウトしたパトリック・リードのほか、プレー中のチャーリー・ホフマン、ブルックス・ケプカ、トミー・フリートウッド(イングランド)の4人が並んでいる。

宮里優作は15ホール、小平智は13ホールを終えて、ともに通算イーブンパーとしている。