ここから本文です

【ル・マン24時間 2017】3時間終了時点で、トヨタ7/8号車が1-2フォーメーション。徐々にポルシェを引き離す展開に

6/18(日) 1:40配信

Impress Watch

 フランスのル・マン市にあるサルトサーキットで行なわれている、世界三大レースの1つとなるル・マン24時間レース。現地時間6月17日15時(日本時間6月17日22時)にスタートが切られて、現地時間18時で3時間が経過した。

 トップを走っているのはポールポジションからスタートした7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)で、2位も8号車 トヨタ TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)、3位は1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)だが、トップの7号車トヨタは徐々に1号車 ポルシェに対して差をつけつつある状況で、悲願の初優勝に向けて快調に周回をこなしている。

■ポールポジションからスタートした7号車 トヨタ TS050 HYBRIDが一時2位に後退するも1位に返り咲く

 ル・マン24時間レースのスタートは、特に大きなトラブルもなくきれいに切られた。しかし、ダンロップブリッジの先で、予選2番手からスタートした8号車 トヨタ TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)がリアを滑らしてしまい、3位からスタートした1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)に抜かれる展開に。その一方でポールポジションからスタートした7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)は順調そのもので、ポールから安定して飛ばしていく展開になった。

 レースが動いたのは13周目。マイク・コンウェイ選手がドライブする7号車 トヨタ TS050 HYBRIDがルーティーンのピットストップで給油を終えてピットアウトしてみると、1周前にピット作業を終えていたセバスチャン・ブエミ選手がドライブする8号車 トヨタ TS050 HYBRIDが真後ろに。ピット作業で1号車ポルシェ 919 Hybridも抜いていた8号車はそのままの勢いで、7号車 トヨタ TS050 HYBRIDもユノディエールのストレートでオーバテイクし、トップに立つことに成功した。

 しかし、2回目のピット作業を終えると、再びコンウェイ選手の7号車 トヨタ TS050 HYBRIDが、8号車 トヨタ TS050 HYBRIDを抜き、トップに返り咲いた。これにより、LMP1の順位は1位 7号車 トヨタ TS050 HYBRID、2位 8号車 トヨタ TS050 HYBRID、3位 1号車ポルシェ 919 Hybrid、4位 2号車ポルシェ 919 Hybridとなり、序盤にフロントユニットを破損して最初のルーティンピットストップで交換する必要があった9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)はトップから1分30秒程度の遅れで5位となっている。

■ピットストップ戦略はトヨタもポルシェも同じ。スピードとミスをしないことが勝負の分かれ目に

 3回目のピット作業を終えると、LMP1の全車がタイヤ交換と、ドライバー交代を実行した。全車ともに13周を1スティントとして周回しており、3スティントでタイヤ交換とドライバー交代を行なう作戦であるようだ。このため、燃費などにはほぼ差がないと考えることができるため、勝負はコース上でのスピードになる可能性が高い。

 トップを走る7号車 トヨタ TS050 HYBRIDはドライバーが小林可夢偉選手に交代して、2位との差を広げ始めている。2位は約30秒差で8号車 トヨタ TS050 HYBRIDで、3位は約35秒差で1号車 ポルシェ 919 Hybridとなっており、トヨタがポルシェを引き離す展開になりつつある。

 トヨタも、ポルシェも同じ3スティントでタイヤ交換という作戦であることを考えれば、コース上のスピードで勝るトヨタにとっては理想的な展開になってきている。しかし、レースはまだ3時間が終わっただけ、ゴールは21時間先の現地時間15時だ。どちらに勝利の女神が微笑むかは分からない。

 LMP2は、ポールからスタートした26号車 オレカ07・ギブソン(ロマン・ルシノフ/ピエール・ティリエ/アレックス・リン組)が、GTE-Amの車両とクラッシュして、サスペンションなどを破損するトラブルに見舞われ、大きく遅れている。これによりトップに立ったのは31号車 オレカ07・ギブソン(ニコラス・プロスト/ジュリアン・カナル/ブルーノ・セナ組)。GTE-Proは95号車 アストンマーチン ヴァンテージ(ニック・シム/マルコ・ソレンセン/リッチー・スタンウェイ組)、GTE-Amは98号車 アストンマーチン ヴァンテージ(ポール・ダラ・ラナ/ペドロ・ラミー/マティアス・ラウダ組)がトップに立っている。

3時間終了時点の順位

Car Watch,笠原一輝,Photo:中野英幸

最終更新:6/18(日) 1:40
Impress Watch