ここから本文です

筑波大がアリーナ構想 今夏までに建設地決定

6/18(日) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

つくば市の筑波大学(永田恭介学長)が、同市の中心部にアリーナ施設を建設する構想を進めている。2020年東京五輪・パラリンピックまでに、7千人から8千人を収容できる施設を建設したい意向だ。大学に所属する運動部のスポーツ試合のほか、コンサートなども開催し、東京五輪参加国の合宿場所になることも想定している。建設場所はまだ決定していないが、大学では「今年夏までには場所を決め、そこから(建設、管理、運営を担当する)事業者の公募に入りたい」と話している。

建設候補地に挙がっているのは、同市春日の同大筑波キャンパス・春日エリアや、同市吾妻の職員宿舎跡地など。いずれも同大の所有地で、つくばエクスプレス(TX)つくば駅から徒歩圏内と立地条件に恵まれている場所だ。アリーナ単体ではなく、周辺施設の整備も併せて検討中で、市とも協議し、最適な建設場所を選定するという。

仮に、場所が同大筑波キャンパス・春日エリアに決まった場合、春日エリアの教育研究機能はそのまま維持することを考えており、学生生活に影響を及ぼすことはないという。

大学の構想では、体育館でのスポーツ試合や音楽イベント開催のほか、施設内にはスポーツジムなども併設したい考え。学生だけでなく、地域住民の利用も見込んでいる。

国立で唯一体育系の学部を持つ総合大学で、医学、芸術、情報系の学部などもある利点を生かし、スポーツやIT(情報技術)、健康、医療などの各分野が蓄積する知見や、企業との共同研究の成果を実現できる場にしたいという。

施設の建設、管理、運営については、公募により選定された民間事業者が設立する特定目的会社(SPC)が担当することを想定している。

大学側は事業に必要な用地を提供。事業者の企画内容によって建設にかかる費用が決まるため、建設費は未定という。場所を特定した後は、必要な要件が整い次第、計画趣旨に賛同する事業者を公募する予定だ。

今回のアリーナ建設構想について、同市の五十嵐立青市長は「規模が大きいので、都市計画の部分で協力できることがあれば市としては当然、協力したい」と歓迎する意向を示している。 (高阿田総司)

茨城新聞社