ここから本文です

【ル・マン24時間 2017】ミシュランブースにNVIDIAのAIコンピュータ「DRIVE PX 2」搭載の自動運転レース「ロボレース」用車両「ロボカー」展示

6/18(日) 7:00配信

Impress Watch

 ル・マン24時間レースの行なわれているサルト・サーキット内では、さまざまなメーカーが独自の出展を行なっている。ル・マンに参戦するメーカーも、そうでないメーカーも出展しており、長丁場のレースの空き時間に訪れてみるのがよいだろう。

【この記事に関する別の画像を見る】

 そんななかで、ぜひ訪れてほしいのがミシュランのブース。ミシュランはル・マン24時間レースのLMP1クラスの有力チームにタイヤを供給するメーカーであるほか、フォーミュラEにもワンメイクタイヤメーカーとして供給を行なっている。そのフォーミュラEが新たに始めようしているレースが自動運転車を使ったレース「ロボレース(ROBORACE)」になる。

 このロボレースで使われるクルマが自動運転車の「ロボカー(ROBOCAR)」。ロボカーに搭載するNVIDIAのAIコンピュータ「DRIVE PX 2」をどのように学習・プログラムするかによってレースの勝敗が決まっていくものになる。

 ミシュランはロボレースにワンメイクタイヤメーカーとしてタイヤを供給しており、ミシュランのブースではロボカーを展示することで、未来のレースの姿を訴求していた。

 展示されたロボカーは、プロダクトデザイナーのDaniel Simon氏が描いたスケッチそのままで実に未来的。全長4.8m×全幅2.0mと細長い形状をしており、トレッドの部分がウイング形状のカウルで構成されている。ボディ各部にはレーダーやLiDAR、カメラなどが埋め込まれており、これらの情報を使いながら環境情報を処理して、レースを行なっていく構想だ。現段階では、各所でテストが行なわれており、今後の熟成に期待したい。

 また、ロボカーほど未来的ではないが、ポルシェブースには半分リアル、半分ブロックというポルシェ 919 Hybridが展示されている。細部までレゴで作り込まれており、ル・マンの展示車のなかでも一押しのクルマだ。

Car Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:6/18(日) 17:22
Impress Watch