ここから本文です

ハーマンが単独首位 松山英樹は6打差14位で最終日へ

6/18(日) 8:48配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー第2戦◇全米オープン 3日目(17日)◇エリンヒルズ(ウィスコンシン州)◇7845yd(パー72)

「全米オープン」フォトギャラリー

米国ツアー2勝のブライアン・ハーマンが6バーディ、1ボギーの「67」とし、通算12アンダーの単独首位で最終日へ。混戦から抜け出してスコアボードのトップに名前を載せ、30歳のレフティがメジャー初優勝のチャンスを広げた。

「全米オープン」は4大メジャーで唯一、レフティの優勝がない。今年5月の「ウェルズファーゴ選手権」でツアー2勝目を挙げたハーマンだが、今大会は3度目の挑戦で初めての予選通過。「みんな不安や恐れがあると思う。自分はそれらときちんと向き合って、うまく対処できるようにしたい」と、5打差以内に13人がひしめくリーダーボードを眺めて、最終日の抱負を語った。

通算11アンダーの2位タイに、いずれもメジャー未勝利のトミー・フリートウッド(イングランド)、ブルックス・ケプカ、ジャスティン・トーマスの3人。24位から出たトーマスは1イーグル、9バーディ、2ボギーとし、メジャー最少ストロークに並ぶ「63」をマークした。この日9アンダーは、「全米オープン」の18ホール最多アンダーパー記録を1打更新した。

通算10アンダーの5位にリッキー・ファウラー。通算9アンダーの6位に、5月の準メジャー「ザ・プレーヤーズ選手権」を制した21歳のキム・シウー(韓国)が続く。

2打差の8位タイから出た松山英樹は4バーディ、3ボギーの「71」と1つ伸ばすにとどまり、通算6アンダーの14位タイに後退。メジャー初優勝に向けて、6打先にいる首位の背中を追う。初出場の小平智は「73」と1つ落とし、通算1アンダーの35位。宮里優作は「76」と崩れ、通算2オーバーの51位とした。

【主な成績】
順位/スコア/成績
1/-12/ブライアン・ハーマン
2T/-11/ジャスティン・トーマス、トミー・フリートウッド、ブルックス・ケプカ
5/-10/リッキー・ファウラー
6/-9/キム・シウー

14T/-6/松山英樹 ほか
35T/-1/小平智 ほか
51T/+2/宮里優作 ほか