ここから本文です

【ル・マン24時間 2017】8時間終了時点、7号車トヨタがトップ、1号車ポルシェが40秒差の2位。8号車トヨタはフロントモーターのトラブル発生

6/18(日) 7:07配信

Impress Watch

 フランスのル・マン市にあるサルト・サーキットで行なわれている、世界三大レースの1つとなるル・マン24時間レース。現地時間6月17日15時(日本時間6月17日22時)にスタートが切られて、現地時間23時で1/3が終わる8時間が経過した。ル・マンの日暮れは22時過ぎで、23時になりル・マンにようやく夜の闇が訪れて、各車ともヘッドライトだけを頼りに走る夜間走行の時間になっている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 8時間経過時点でのトップはポールポジションからスタートした7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)で、2位は約40秒差で1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)。3位は約3分20秒差とほぼ1周遅れの9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)。

 7時間の時点まで中嶋一貴選手の激走により1号車ポルシェを抜いて2位に上がっていた8号車 トヨタ TS050 HYBRID(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/中嶋一貴組)は、8時間を前にしてフロントモーターのトラブルによりピットでフロントモーターを交換する大きなトラブルに見舞われた。ガレージで作業しており、大きく遅れてしまっている。また、ポルシェも2号車 ポルシェ 919 Hybrid(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンダン・ハートレー組)がアクセルのトラブル発生により、ピットでの長時間作業があり大きく順位を下げている。

 これにより、トヨタ、ポルシェ、両陣営ともに1台ずつ上位から失うことになった。優勝争いは、7号車および9号車のトヨタ、1号車のポルシェの3台に絞られることになった。

■3時間を経過したあたりから大きなドラマが、ポルシェ、トヨタがそれぞれ1台ずつ失う展開に

 レースはポールポジションからスタートした7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)が、2時間あたりから大きなリードを築き始めて独走状態になっている。特に7号車のリードを広げるのに貢献したのは、2番手のドライバーとして登場した小林可夢偉選手。可夢偉選手は、2位を走っていた1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)に徐々に差をつけ始めて、一時期は1分近くまで差を広げることに成功した。

 そうしたトヨタを追いかけたいポルシェだが、周回数が58周になった時に、4位を走っていた2号車 ポルシェ 919 Hybrid(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンダン・ハートレー組)が突然緊急ピットイン。そのままガレージに入れられて、作業が行なわれることになった。メカニックがフロントのペダルあたりを作業していたが、後にチームから原因はアクセルまわりの問題だと明らかにされた。2号車 ポルシェ 919 Hybridはトップから19周遅れとなり、完全にトップ争いから脱落することになった。

 その後、1号車のドライバーはアンドレ・ロッテラー選手に、8号車のドライバーを中嶋一貴選手に交代すると、両ドライバーは、可夢偉選手から替わった7号車のステファン・サラザン選手を追い上げる展開に。ロッテラー選手と中嶋選手は、サラザン選手の20秒差近くまで迫る展開となり、7号車のリードは徐々に縮められてきた。最終的に、中嶋選手がロッテラー選手の1号車 ポルシェを豪快にオーバーテイクして2位に上がり、トヨタは再び1-2フォーメーションを形成することになった。

 ところが、レースの1/3が終わる8時間になるころ、中嶋選手から8号車のステアリングを受け取ったセバスチャン・ブエミ選手がドライブしている時に、右フロントから火を噴きながらピットインすると、8号車トヨタはガレージに入れられ、フロントの窓を取り外すなどかなり大がかりな作業が行なわれることになった。

 チームマネージャのロブ・レウペン氏によれば「フロントのモーターが故障して交換する必要がある」とのことで、こちらも2号車同様に長時間ピットに留まることになってしまい、完全にトップ争いから脱落することになった。

■優勝争いは7号車トヨタ、1号車ポルシェ、9号車トヨタの3台に絞られる

 その結果、8時間を過ぎてトップは7号車 トヨタ TS050 HYBRID。2位は約40秒差で1号車 ポルシェ 919 Hybrid、3位は3位は約3分20秒差とほぼ1周遅れの9号車 トヨタTS050 HYBRIDとなっている。ほかのクルマはすべて周回遅れとなっており、事実上トップ争いはこの3台に絞られたと言ってよいだろう。夜の時間帯は例年トラブルが出やすい時間帯なので、それを生き残り朝を迎えることが勝利への第一歩となる。

 LMP2クラスのトップは13号車 オレカ07・ギブソン(ネルソン・ピケJr/デビッド・ハイネンマイヤー・ハンソン/マティアス・ビッケ組)、GTE-Proのトップは97号車 アストンマーチン・ヴァンテージ(ダレン・ターナー/ジョナサン・アダム/ダニエル・セッラ組)、GTE-Amは84号車 フェラーリ488GTE(ロバート・スミス/ウィル・スティーブンス/ドライス・ヴァンソール組)となっている。

Car Watch,笠原一輝,Photo:中野英幸

最終更新:6/18(日) 7:37
Impress Watch