ここから本文です

【ル・マン24時間 2017】小林可夢偉選手がドライブする7号車トヨタにクラッチトラブルが発生、リタイヤへ。9号車トヨタもスピンにより左リアタイヤ破損

6/18(日) 8:40配信

Impress Watch

 フランスのル・マン市にあるサルト・サーキットで行なわれている、世界三大レースの1つとなるル・マン24時間レース。現地時間6月17日15時(日本時間6月17日22時)にスタートが切られ、現地時間で日付が変わった6月18日の午前0時45分頃、コースの汚れを掃除するためにセーフティカーが出され、それが解除された瞬間、その時点でトップを走っていた7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)が、セーフティカーによる先導が解除になったのに、加速することができず、そのままスローダウン。クラッチにトラブルが発生した模様で、ドライブしている小林可夢偉選手は、トヨタ TS050 HYBRIDに用意されているEVモードに切り換えて、ピットへ戻ることにトライしているが、ピットレーンよりもかなり手前でストップしてしまい、ピットには戻れない状況、結局ターン30でクルマを降りることになり、残念ながらリタイヤとなってしまった。

 これによりトップに立ったのは1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)。2位には1周遅れで、トヨタの三台目となる9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)が続いていたが、その9号車も1コーナーでスピンしてウォールに激突しリアセクションを大きく破損して、コース上に止まってしまった。

■SC明けにまさかのクラッチトラブル、EVモードでピットを目指すも戻ることができずリタイヤに

 その悲劇は突然やってきた。10時間を迎える直前にセーフティカーが解除になり、各車が加速していく中、小林可夢偉選手がドライブする7号車 トヨタ TS050 HYBRID(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ステファン・サラザン組)も、スタートフィニッシュライン近くで加速しようとするが、加速せず、みるみるスローダウン。

 それにより、走行不可能とみた可夢偉選手はEVモード(TS050 HYBRIDに搭載されている、バッテリーのみで走るモード)に切り換えて、ピットを目指すが、トラブルが発生したのはスタートフィニッシュライン付近というピットに戻るには最悪の場所。ル・マン24時間のサルト・サーキットは、全長約13.6kmと非常に長く、バッテリーだけではピットに戻ることは難しい。何度も停止したり、再起動して走りだしたりを繰り返しながら、なんとかバッテリーをチャージしながらピットを目指すが、結局たどり着けず、可夢偉選手はターン30でクルマを降りることになってしまった。

 このトラブルにより、トップに立ったのは2位を走っていた1号車 ポルシェ 919 Hybrid(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ組)。トヨタの期待は残る1台となる9号車 トヨタTS050 HYBRID(ニコラス・ラピエール/ホセ・マリア・ロペス/国本雄資組)の追い上げにかかることになった。

 ところが、午前1時10分過ぎ、今度は9号車が1コーナーでスピンして飛び出し、リアセクションを大きく破損したほか、左リアタイヤがパンクしてしまう。こちらもピットを目指すが、ミュルサンヌを立ち上がった先でクルマは停止してしまい、サーキットには衝撃が走った。その後止まったり、動いたりをしながらなんとかピットにたどり着くことを目指しているが、この記事を書いている時点ではピットレーンの手前で停止してしまっている状況で、1号車ポルシェとはどんどん差がついていっている。

 なお、一度トラブルが発生して修復した8号車は走り続けているものの、すでに29周遅れと、ポルシェの2台に何かが起こらなければ勝負にはならない状況になっている。

Car Watch,笠原一輝,Photo:中野英幸

最終更新:6/18(日) 8:40
Impress Watch