ここから本文です

漫画になった静岡のソウルフード 「さわやか」ハンバーグの物語

6/18(日) 14:00配信

J-CASTニュース

 静岡県民から絶大な支持を得ている「炭焼きレストランさわやか」(以下、さわやか)という外食チェーンがある。看板メニューのハンバーグは「静岡のソウルフード」との呼び声も多い。

【漫画画像】看板メニューが生まれた理由

 創業40年を迎えたその「さわやか」が、現在までの歴史を描いた漫画作品を公式ウェブサイトで公開してにわかに話題を集めている。運営するさわやか社(本社・静岡県浜松市)の担当者はJ-CASTニュースの取材に、漫画には「数々の『ピンチ』を『チャンス』に変えてきた歴史と、他のレストランにはない『美味しさ・楽しさ』の『秘密』が隠されています」と自信を示す。

■社長が創業を決意した理由

 「さわやか」の漫画が話題を集めたきっかけは、その取材・執筆を手がけた漫画家・久遠まことさんのツイッターでの発信だった。2017年5月22日、「静岡県に店舗を展開する『炭焼きレストランさわやか』の採用情報ページに『さわやか物語』という漫画が公開されました。社長、常務に取材を行い、採用者向けにさわやか様の創業物語を漫画で伝えられるよう精一杯描かせて頂きました。宜しければぜひ」というメッセージとともに、漫画が掲載されたさわやか社のサイトへのリンクを記載すると、わずか2日後の24日時点で2200回以上リツイートされていた。

 静岡県内のみで展開している「さわやか」だが、久遠さんのツイートには「ツーリングで『さわやか』何回か訪れております。埼玉県川越のライダーです」という反応もあり、グルメ界では県を越えて知られる。またツイッター上では以前から「静岡のソウルフードでもある『さわやか』」「さわやかで食べたハンバーグは人生で一番おいしかった」「さわやか(静岡)のハンバーグを食べるためにたったそれだけの理由で一瞬、田舎帰ろうかな」といった投稿がいくつも見つかる。

 そんな「さわやか」だが、決して順風満帆に営業してきたわけではない。その歴史をたどったのが5月22日に公開された「さわやか物語」で、「創業編」「天使からの手紙編」「工場設立編」の3部構成、各部5ページの全15ページでまとめられている。

 ストーリーは、同社の富田重之社長が創業を決意した40歳当時の1976年までさかのぼる。体が弱く、戦後の食糧難から結核を3回患うなど闘病生活が長かった富田氏は、体調が安定期を迎えたころ「食べる」ことに唯一の楽しみを感じていた。「食べることは生命を支える原点」であり、「自然の恵みから生きる力を頂いている」。そう気づいた富田氏は、感謝の心を形にするため、飲食店の開業を決意する――。漫画はこうした描写から始まる。

 「さわやか」という名前の由来も明かされており、感謝の心を多くの人に伝えられる「さわやか」な男になりたいという富田氏の思いを込めるとともに、自然のいきいきとした状態も表現する言葉として決められたという。さらに看板メニュー「げんこつハンバーグ」「おにぎりハンバーグ」誕生の経緯や、狂牛病(BSE)による深刻な風評被害とその克服、といった節目ごとの出来事が描かれていく。

 ツイッター上では読後の感想をつづる投稿が複数見つかる。

  「さわやかの漫画読んで少し感動した」
  「漫画も読んでさわやかのハンバーグ食べたくなっちゃった」
  「さわやかの創業漫画、あたり前のことがとても大切に書いてあった。あたりまえの事を普通に実践するのは難しいよね」

1/3ページ

最終更新:6/19(月) 11:50
J-CASTニュース