ここから本文です

戦争への怒りを犬に込め 京都で黒田征太郎さん絵画展

6/18(日) 10:44配信

京都新聞

 イラストレーターの黒田征太郎さん(78)=福岡県=が描いた、怒り狂った犬の絵画展「MAD DOGS」が17日、京都市東山区古門前通縄手東入ルのぎゃらりぃ思文閣で始まった。戦争に対する怒りやいら立ちの思いを込めた作品が並んでいる。
 「MAD DOGS」は、黒田さんが米国で暮らしていた時に公園で見かけた飼い犬の内心を想像し、自身の反戦への思いを重ねて描いたシリーズ。黒田さんの個展は、同ギャラリーでは2回目。
 アクリル絵の具やクレヨンで描いた絵画約50点と、書籍30点を展示する。黒い涙を流し雄たけびを上げる姿や、手足を踏ん張りながら炎を吐き出す様子、一見静かにたたずみながらも体内に無数の線がうごめいている犬など、黒田さんの声にならない叫びが強いタッチと鮮やかな色合いで表現されている。
 7月2日まで。午前10時~午後6時。無料。

最終更新:6/18(日) 10:44
京都新聞