ここから本文です

ゴルフ=全米OPで松山14位に後退、ハーマン単独首位

6/18(日) 10:25配信

ロイター

[エリン(米ウィスコンシン州) 17日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープンは17日、当地のエリンヒルズ(パー72)で第3ラウンドを行い、8位からスタートした松山英樹は71で回り、通算6アンダーの210で14位タイに後退した。

ブライアン・ハーマン(米国)が67でラウンドし、通算12アンダーの単独首位となった。全米オープン史上最少スコア、9アンダーの63で回ったジャスティン・トーマス(米国)ら3選手が1打差の2位に並んだ。

トーマスの9アンダー63は、メジャー大会の最少スコアタイ記録。

小平智は通算1アンダーの35位タイ。宮里優作は通算2オーバーの51位タイ。

*カテゴリーを追加します。

最終更新:6/18(日) 14:59
ロイター