ここから本文です

まだ体力ない美宇、休む勇気も必要…佐藤真二の目

6/18(日) 10:03配信

スポーツ報知

 ◆卓球 ワールドツアー ジャパン・オープン荻村杯第4日 ▽女子シングルス準々決勝 陳夢4-0平野、王曼ユ4-2伊藤(17日、東京体育館)

 女子シングルス準々決勝で「みうみま」が中国の壁にはね返された。世界選手権銅メダルの平野美宇(17)=エリートアカデミー=は、4月のアジア選手権決勝で破った世界ランク5位の陳夢に0ー―4で完敗。伊藤美誠(16)=スターツ=は、18歳の王曼ユに2―4で敗れた。男子シングルス準々決勝は世界ランク6位の水谷隼(28)=木下グループ=が、世界選手権銅メダルの李尚洙(韓国)を4―3で下し、準決勝に進んだ。

 平野は王者の必死さから学ぶことを経験したのではないか。アジア選手権で惨敗したことで、世界選手権の丁寧も今回の陳夢も必死だった。声を出したり、がむしゃらさを垣間見たというのが率直な思いだ。

 技術的には高速ラリーになれば得点できるが、そこに持っていく前に仕留められている。つっつき、レシーブを両サイドに多くして平野に持ち上げさせ、相手に上から来られて高速ラリーの主導権を握られる。「こういうふうにやれば平野は負けますよ」という戦い方を丁寧戦と今回、見た。中国は対策は間違ってなかったと確信したと思う。それ以上の戦い方をするには、指導者と二人三脚で乗り越えていかないといけない。

 まだまだ体力もない。休む勇気も必要だ。世界ランクが下がっても、いい状態で次に上げればいい。本人も指導者も、休む判断をするのは勝つことより難しいかもしれないが、一流選手になるにはそこにチャレンジするのも大切なことだ。(協和発酵キリン監督)

最終更新:6/18(日) 10:03
スポーツ報知