ここから本文です

【ルマン24時間】スタート18時間経過…ポルシェ、3年連続優勝に向け1号車がトップ快走

6/18(日) 16:39配信

レスポンス

現地時間の17日15時にスタートした2017年のルマン24時間レースは、開始18時間を迎え全体の4分の3を消化。引き続き1号車ポルシェがリードしている。

[関連写真]

今年はナイトセッションに様々なアクシデントが発生し、夜明けまでに3度のセーフティカーが導入。またスタートから8~10時間のタイミングで、ここまで快調だったトヨタ勢が相次いでトラブルに見舞われ脱落。これにより、No.1ポルシェ「919ハイブリッド」の独壇場となっている。

それでも、3人とも優勝経験があるだけに、後続とは大きな差があるにしても、集中力を切らさずに着実に周回。特にアクシデントが起きやすい深夜から明け方のスティントはルマンを3度優勝しているアンドレ・ロッテラーが担当していた。

またニール・ジャニ、ニック・タンディもペースを落とし早くも着実にゴールを目指す方向にシフト。また、序盤はギアトラブルで大きく後退した2号車ポルシェも総合10番手まで挽回。このペースでいけば、終盤に総合2番手に浮上してきそうだ。

このまま行けば、ポルシェ陣営の3年連続優勝も確実と思われているが、今年は例年以上に気温が高く、ゴール直前(現地時間の正午~午後)には気温32~33度まで行くと言われている。想定外のコンディションとなれば、トラブルが出る可能性も少なくないため、彼らにとってもまだまだ気を緩めることができないラスト6時間となった。

そして、ナイトセッションで悪夢に見舞われたトヨタ勢だが、8号車がまだ周回を重ねており、18時間経過時点で総合14番手まで挽回。大逆転優勝の確率はかなり低いものになっているが、最後まで諦めずに3人のドライバーがサルトサーキットを果敢に攻めている。

また、LMP2クラスで平川亮が乗り込むNo.22 G-DRIVEは序盤から度重なるトラブルに加え、朝方にインディアナポリスコーナーでクラッシュ。またしてもピットで修復作業を強いられたが、現在はピットアウトし、平川がステアリングを握って追い上げている。

LMGTE-Amクラスで澤圭太が乗り込むNo.61クリアウォーターレーシングのフェラーリ『488GTE』はクラス5番手(総合35位)、加藤寛規が乗り込むNo.60クリアウォーターレーシングのフェラーリ488GTEは、トラブルやアクシデントがたび重なり、クラス13番手(総合43位)。こちらも、引き続きチェッカーに向けて終盤戦に臨んでいる。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:6/18(日) 16:39
レスポンス