ここから本文です

【ル・マン24】トップの小林可夢偉、7号車にトラブル!

6/18(日) 8:00配信

TopNews

『第85回ル・マン24時間レース』が日本時間6月17日(土)22時(現地15時)にスタートしてから9時間45分が経過したところで、トップを快走していたトヨタの7号車にトラブルが発生した。

●【動画:ル・マン24順位】トップのトヨタ&小林可夢偉、マシンを降りる・・・ポルシェ逆転/10時間経過

■小林可夢偉に代わったが・・・

これまで順調にトップを走行していた7号車だったが、セーフティーカー明けのラップで加速しないトラブルに見舞われている。

セーフティーカーがピットに戻った154周目、最終シケインを立ち上がって、ストレートで加速するところで、小林可夢偉がドライブする7号車にトラブルが発生した。他のマシンが勢いよく加速していく中、映像には7号車が60km/h以下で走行をしている弱々しい姿が映された。その横を、ポルシェ1号車が追い抜いていく。

小林可夢偉はピットに戻るまで1周しなければならず、非常に厳しい状況だ。

そして、小林可夢偉はピットと無線で交信しながら走行していたが、コース上でマシンを止めているが、まだ降りていない。

最終更新:6/18(日) 8:25
TopNews