ここから本文です

【ル・マン24順位】トップのトヨタ&小林可夢偉、マシンを降りる・・・ポルシェ逆転/10時間経過

6/18(日) 8:20配信

TopNews

『第85回ル・マン24時間レース』が日本時間6月17日(土)22時(現地15時)にスタートしてから9時間45分が経過したところで、トップを快走していたトヨタの7号車にトラブルが発生した。

●【動画:ル・マン24順位】トップのトヨタ&小林可夢偉、マシンを降りる・・・ポルシェ逆転/10時間経過

トップをキープしていたトヨタ7号車は小林可夢偉に交代。しかし、クラッチトラブルが発生し、セーフティーカー明けのストレートで加速できないトラブルに見舞われた。小林可夢偉はなんとかピットに戻ろうとチームと無線で交信しながら懸命に努力したものの、マシンを降りてしまった。

■2番手はトヨタ9号車

7号車がリタイアしたことにより、トヨタ9号車が2番手に浮上した。現在、トップのポルシェ1号車から2周遅れの位置を走っている。

■中嶋一貴の8号車にトラブル発生

8号車は、右フロントモーターのトラブルで、長時間ガレージで修復作業をしていたため、トップから約30周ほど遅れている。

■【10時間経過】第85回ル・マン24時間レース
順 チーム・ 車番 現在のドライバー 周回数/差
1 ポルシェ・1号車 ニック・タンディ 158周
2 トヨタ・ 9号車 ニコラス・ラピエール +1周
3 トヨタ・ 7号車 小林可夢偉 +3周
4 ポルシェ・2号車 アール・バンバー +14周
5 トヨタ・ 8号車 アンソニー・デビッドソン +11周

最終更新:6/18(日) 8:32
TopNews