ここから本文です

(いま子どもたちは)三十一文字:14 旋盤実習、暑さの先に「極上作品」

6/18(日) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 (No.1294)

 《旋盤工にじみ出る汗耐えながら極上作品ここに誕生》
 「工業高校といえば、やっぱり実習かなって」。群馬県立太田工業高校機械科3年の岡ノ谷怜椰(おかのやれいや)君(17)=同県太田市=は、昨年の旋盤実習で作った、缶コーヒーサイズの金属柱を様々な太さに削り出した「作品」を見せてくれた。「太工(たこう)」では、実習授業がカリキュラム全体の約2割を占めるという。
 旋盤は、主に円柱形の金属片を回転させながら、固定された「バイト」と呼ばれる工具で切削する機械だ。機械による彫刻とも言える作業は、1ミリの千分の1単位の精密さが求められる。……本文:1,663文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社