ここから本文です

【ル・マン24順位】無傷のポルシェ1号車がリード、最後のトヨタ8号車も諦めず/11時間経過

6/18(日) 9:35配信

TopNews

『第85回ル・マン24時間レース』が日本時間6月17日(土)22時(現地15時)にスタートしてから11時間が経過、トップは無傷のポルシェ1号車だ。

●【動画:ル・マン24順位】トップのトヨタ&小林可夢偉、マシンを降りる・・・ポルシェ逆転/10時間経過

■速いトヨタ7号車に厳しい試練

スタートからトップをキープしていたトヨタ7号車だったが、小林可夢偉に交代し、セーフティーカー明けでクラッチトラブルが発生、ストレートで加速できないトラブルに見舞われた。小林可夢偉はなんとかピットに戻ろうとチームと無線で交信しながら懸命に努力したものの、マシンを降りてリタイアとなってしまった。

■2番手はトヨタ9号車だったが

7号車がリタイアしたことにより、トヨタ9号車が2番手に浮上した。しかし、接触によりタイヤがバースト、出火してしまいピットまであとわずかのところでリタイアとなった。

■中嶋一貴の8号車にトラブル発生

唯一残った8号車は、右フロントモーターのトラブルにより長時間ガレージで修復作業をしていたため、トップから約30周ほど遅れている。ポルシェにトラブルがない限り、優勝は厳しい状況となった。

■【11時間経過】第85回ル・マン24時間レース
順 チーム 車番 現在のドライバー 周回数/差
1 ポルシェ1号車 ニック・タンディ 170周
2 ポルシェ2号車 アール・バンバー +18周
3 トヨタ 8号車 アンソニー・デビッドソン +11周
4 トヨタ 9号車 ニコラス・ラピエール リタイア
5 トヨタ 7号車 小林可夢偉 リタイア

最終更新:6/18(日) 9:35
TopNews