ここから本文です

姫路城でドローン回収 米国人男性「操縦不能に」

6/18(日) 22:19配信

神戸新聞NEXT

 18日午前7時20分ごろ、世界文化遺産・国宝姫路城(兵庫県姫路市本町)大天守北側の中庭で、清掃業者の女性が、壊れた状態で落ちている小型無人機「ドローン」1機を見つけた。機体は姫路城管理事務所が回収した。このドローンによる城や石垣などの損傷は確認されていないという。

 ドローンは直径30~40センチで、四つのプロペラと本体、付属のカメラが壊れた状態だった。機体は米国人男性が所有。男性は「17日夜に飛ばしていたら操縦不能になった」と同事務所に連絡してきたという。

 姫路城周辺はドローンの飛行が禁止されており、姫路署は航空法違反容疑で男性から事情を聴いている。

 姫路城ではこれまでもドローンの飛行が発覚し、衝突したケースもある。

最終更新:6/18(日) 22:34
神戸新聞NEXT