ここから本文です

武尾咲希、自己最高の2位タイ!ショットが上手くなる武尾式練習法とは?

6/18(日) 18:15配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ニチレイレディス 最終日◇18日◇袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース(6,566ヤード・パー72)>

千葉で舞う美女プロたち!最終日の模様はLIVEフォトでチェック!

初シードを狙う武尾咲希がトータル7アンダーまでスコアを伸ばし、自己最高の2位タイに入った。最終日はピン位置が難しく、どの選手もスコアメイクに苦しんだが、武尾は5バーディ・1ボギーの“68”をマーク。前日の10位タイから一気に順位を上げた。

「昨日まではショットの調子が悪く、なかなかパーオンできませんでしたが、スイングが縦振りになっていたことに気がついたんです。それで、ドライバーショットと同じぐらいの高さにティアップしたボールを3番ウッドやアイアンで打つ練習をしたら、イメージどおりのボールを打てるようになりました」

縦振りだと直接ティを打ってしまうので、自然と横振りになるという。さらに、武尾が気づいたことがもう一つあった。

「右足が少し前に出ていたんです。それを少し下げて、(飛球線とスタンスが)平行になるように構えたら、ショットの感触がよくなりました」

この日は18ホール中15ホールでパーオンした武尾。初日の8ホール、2日目の11ホールよりも確かに増えている。今季はこれで5度目のトップテン入りを果たし、賞金ランキングは14位に浮上。いよいよ初シード獲得も現実的になってきた。

文/山西英希

(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>