ここから本文です

ロシアがニュージーランドに完勝 試合よりもプーチン大統領に注目集まる/コンフェデ杯

6/18(日) 17:28配信

ISM

 2017年コンフェデレーションズカップは現地時間17日にロシアで開幕し、ホスト国ロシアがニュージーランドに2対0で勝利した。

 ロシアは31分に相手のオウンゴールで先制すると、69分にスモロフが加点。そのまま無失点で開幕戦白星を飾った。

 ホスト国として黒星スタートは許されないというプレッシャーに打ち勝ち、まずは一安心のロシア。ただ、この日話題を集めたのは試合よりも、会場を訪れたロシア大統領のウラジーミル・プーチン氏の存在感だった。

 プーチン氏はキックオフの20分前にサンクトペテルブルクのスタジアムにヘリコプターで到着すると、すぐにメインスタンドのVIP席に入り、開会のスピーチ。「このモダンなスタジアムでこれから、厳しく誠実でフェアな戦いが最後の1分まで行なわれる」と述べ、2週間にわたるこの大会は「国家と大陸が一丸となって、公平さと美しい試合という価値を推進するものとなる」と話した。

 プーチン氏は開幕に先立ち、代表チームに対し、ロシア国民に良い印象を与えるよう、より良い結果を出してほしいと求め、戦士のように戦ってほしいと伝えていたという。ロシアのチェルチェソフ監督は「自国の大統領がやってきてスピーチをしてくれれば、モチベーションが高まるのは当然だ」とプーチン氏を歓迎。ニュージーランドのハドソン監督は「この試合に誰がやってくるか、もちろん我々はシナリオを知っていた。だが、それが試合に影響したのかどうかは分からない。我々はもっとアグレッシブに戦えたはずだ」と述べている。

 試合には5万人を超える観客が訪れたが、それでも空席は1万席以上あった。この試合のMVPに選ばれたスモロフは「この国の人々が代表チームを好きになってくれることが、僕らにとってはとても重要」とコメントしている。

 ロシアはこのあと、21日にクリスティアーノ・ロナウド擁する欧州王者ポルトガルと対戦する。(STATS-AP)

最終更新:6/18(日) 17:28
ISM