ここから本文です

ロッテ延長12回サヨナラ負け 伊東監督「総力戦だからしょうがない」

6/18(日) 20:27配信

東スポWeb

 ロッテは18日の巨人戦(東京ドーム)に延長12回の末、5―7とサヨナラ負け。6勝12敗で交流戦を終えた。

 12回表に育成出身の柿沼捕手のセーフティースクイズ(記録は犠打失策)などで2点を勝ち越したが、その裏、大嶺祐が亀井に逆転の3ランを浴びた。

 伊東監督は試合後の会見を一度は拒否したが、球場から引き揚げる前に取材に応じ「総力戦だからしょうがない。結果は一番痛い形で負けたけど。よく戦った」とサバサバした表情だった。

 林球団本部長は「コーチの入れ替えは考えていない。後半戦も(首脳陣の)変更の予定は一切ありません」。低迷する投手陣の補強については「登録枠が1つあるので考えていないことはないが(投手の)枚数は揃っている。もう少し様子を見ましょう」と否定的だった。

最終更新:6/18(日) 20:30
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報